2018.11.20 Tuesday

スティーブン・ウィルソン東京公演2018年11月5日

0
    スティーブン・ウィルソンがソロとしては初の来日公演を行い、自分はその初日のみ参加してきた。
     

    今から十数年前、ポーキュパイン・トゥリーを率いて来日、Zepp大阪にもやってきたのだが、ロバート・フリップを「前座」につけたにもかかわらず、動員は惨憺たるものだった。だから今回も完売していないと聞き、他人事ながら心配していたのだが、満席ではなかったものの、9割は埋まっていたように思う。

    さて、定刻の19時きっかりに客電が暗転し、短い映画が流された。家族、愛情、科学、父親、虚構、政治、憎しみ、宗教、敵、といったキャプションと共に、それを想起させるような画像がゆっくりと切り替わってゆく。しかしそれが一巡すると、画像とキャプションの組み合わせが変わり、次第に速度を速めてゆく。物事は視点が変わると全く異なるというメッセージなのだろうか。

    その後メンバー達が登場し、いよいよオープニング曲『ノーウェア・ナウ』が始まった。

    ほぼ全編にわたり同期を使用しているようで、曲によっては映像を流したり、また『パライア』においては、今回不参加のニネット・タイヤブが映像でスティーブンとデュエットしたりもした。

    最新作から2曲続いた後、「次は私の長年に渡るキャリアから、ずっとずっと昔に戻って…『ハンド・キャノット・イレイス』(前作、といっても3年前だが…)から『ホーム・インベイジョン』。」真面目な顔でジョークを言うところは英国人らしいと言うべきか。そしてスティーブンはギターからベースに持ち替え、ユニゾンのリフを掻き鳴らす。

    さて、こんな具合に完璧なパフォーマンスが繰り広げられていく(途中、歌詞を忘れてやり直す場面もあったが…)のだが、ポーキュパイン・トゥリーで見た時とは違って、結構今回はよく喋る。それもジョークっぽいものが多い。
    記憶を頼りにいくつか挙げてみると

    「この中で25歳以下の人はいるかな?え〜っと…5人くらいか…。そんな君たちに教えよう。これは(自分の肩から下げているギターを指して)エレキ・ギターって言うんだ。多分知らないだろう?でも前世紀の後半にはとても人気があったんだ。若い君達はギターなんて興味ないだろう。まあ、僕もそれほど執着してないんだが…。」
    「で、これはテレキャスターって言う1963年製のギターだ。これまでに所有した中で最も美しいギターだ。これまでにジョー・ストラマー、(もう一人か二人挙げたが失念)、ブルース・スプリングスティーンらが弾いてきた(タイプの)ギターだ。」
    「ヘヴィな音が欲しい時はたっぷりのディストーションが必要だ。だがテレキャスのサウンドは怒れる音なんだ。試しにペダルを全部オフにして弾いてみせよう(と言って、マーシャル直のテレキャスでカッティングして聞かせる)。そして次の曲はこのギターで作った曲だ。」と言って『ピープル・フー・イート・ダークネス』を始めた。

    「ポップって言えば何だ?ジャスティン・ビーバー?クズ…?他にどんなアーチストがいる?カーペンターズ?うん、他は?ビートルズ?なるほど、でもそれはロックバンドとも言う。…アバ?そう、それは世界で2番目に好きなグループだ。他にもマイケル・ジャクソン、プリンス、(その他多数の例を挙げる)素晴らしいアーチストが沢山いる。でも僕がポップをやるって言ったら、問題があるって人たちが沢山いるんだ。」「アバが好きだって昔からいつも言ってきたのに、そんな人達はわかってないな。」
    「さて、日本でコンサートやるって言ったら、みんなこう言うんだ。『お客さんはみんな静かで落ち着いている。でもそれは演者に敬意を払っているからだ。』確かにそうかもしれない。でも、これはロックンロールのコンサートだから、反応も欲しいんだ。だから、キング・クリムゾンやジェネシスのコンサートでは絶対に誰もやらないようなことをやってみよう。そう、立ち上がって…そして踊ってみよう。無理なら、まずは足踏みだ。」と最新作から最もポップな『パーマネイティング』。

    といった具合だ。

    またある時は観客が着ているTシャツを指しては、「おっ、それは〇〇の●△だな。」とか、「それは北欧の◇●の▲□っていう、かなりマニアックでヤバいバンドだな。なかなかやるなキミっ!」とオタク全開な場面も。

    最後には「明日もまた来る人は手を上げて。…ほとんど全員だな。…よし、わかった、明日は今日とは全く違うセットリストでやる事にしよう!」と言ったのだ。
    実のところ自分は元々二日間とも行くつもりでチケットを取っていたにもかかわらず、途中で気が変わり、行かないことにしたのだ。翌日夕方には仕事を入れてしまっていたので、当然帰りの便も手配済みだった。
    あとから翌日のセットリストをチェックしてみると、初日は数曲しかやらなかった『ハンド・キャノット・イレイス』から大量にやっているではないか!なんとバカなことをしてしまったものだ。

    そしてコンサートから十日経った昨日、ロイヤル・アルバート・ホールで行われたライブを映像化した『ホーム・インベイジョン』が届いた。次の休みには、これで気を紛らわすことにしよう。


    日本公演初日セットはこのDVD・ブルーレイに近い

    今のところ最新作で東京初日ではここから最も多く演奏

    もっとも好きなアルバム。東京二日目はここから7曲もやったらしい
    2018.09.24 Monday

    2018年10月のライブ

    0
      10月はプログレッシブかつファンキーなエレクトリック・インスト・バンド「眞九郎」難波でやります。

      アンサンブルはよりタイトに、また絶妙のコンビネーションは更に磨きをかけてお届けします。

      未体験の方はもちろん、ライブ経験済の方にも新曲に加え、その日限りの即興演奏で満足していただけるはずです。

      眞九郎 (SHINKURO)
      メンバー:松浦眞九郎(g)、秦野文均(g)、橋本達哉(d)、井手伸志(b)
      会場:S.O.Ra.(〒556-0017 大阪市浪速区湊町1-3-1 1F)
      前売:2500円 当日:3000円(いずれもドリンク代別途)

      ご予約は出演者、またはJOYFUL NOISEにて9月16日より電話受付。
      JOYFUL NOISE: 06-6644-9292(※12:00〜20:00)
      http://www.joyful-noise.net/sora/index.html

      https://goo.gl/maps/UwCerwq4eaC2
      2018.08.25 Saturday

      2018年9月のライブ

      0
        今月は、米国シアトルで開催の「タイニイ・オーケストラル・モーメンツ」にカブサッキ、フェルナンド・サマレアらとともにZUMも参加。下旬にはガジェット改めドゥーダッドが京都太秦でやります。

        9月1日(土)
        【タイニー・オーケストラル・モーメンツIII ライブ・ショウ】
        開演: 19時
        会場: Ballard Homestead
        (6541 Jones Ave NW, Seattle, WA 98117)
        出演: スティーブ・ボール、フェルナンド・カブサッキ、アレックス・アンソニー・ファイデ、フェルナンド・サマレア、ジュリー・スリック、松浦眞九郎、ルシアーノ・ピエトラフェサ、秦野文均、ポール・リチャーズ、ナイジェル・ゲイヴィン、マーティン・デ・アギーレ 他
        TOM III
        https://goo.gl/maps/X2RZGpjHYM92


        9月7日(土)
        【ZUM】
        ワシントン州シアトル
        詳細は後日


        9月22日(日)
        【ドゥーダッド】
        開場: 16:30・開演17:00
        会場: シアターURU( 〒616-8182 京都市右京区太秦北路町26−2)
        料金: 2500円
        出演: 花村ようかん(10ホールズハーモニカ)松浦眞九郎(ギター)木内健弘(ベース)
        特別ゲスト: チーチョ西野(パーカッション)
        http://theatre-uru.com/

        2018.07.24 Tuesday

        2018年8月のライブ

        0
          8月はガジェット改めドゥーダッドが京都で、そして眞九郎が大阪長居であります。

          8月11日(土・祝)18時開場・19時開演
          【ドゥーダッド】
          花村容寛(ハーモニカ)、松浦眞九郎(ギター)、木内健弘(コントラバス)
          会場:京都・西院 ネガポジ
          (〒615-0002 京都府京都市右京区西院 東今田町40)
          前売:1800円・当日2000円
          http://www.negaposi.net


          8月17日(金)19時開場・19時半開演
          【眞九郎 (SHINKURO) 】
          松浦眞九郎(g)、秦野文均(g)、橋本達哉(d)、井手伸志(b)
          会場:Rock A Go Go
          (〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-6 イコンビルB1)
          料金:2500円(1ドリンク付)


          眞九郎
          2018.07.10 Tuesday

          天賦の才

          0
            ある研究によると、音感やリズム感など音楽の才能は遺伝の影響が大きいのだという。

            自分の考えとは正反対なので、これは非常に興味深い話である。

            自分が音楽を始めた10代前半、「欧米人、とりわけ黒人は生まれつきリズム感が良い。」と信じ切っていた。しかし歳をとるにつれ、それは違うと思うようになった。そうではない人たちに大勢出会ったからだ。

            自分の考えでは、音楽の才能の60パーセントは環境が育み、30パーセントは本人がどれだけそれにのめり込むか、そして遺伝によるものなど、せいぜい10パーセントだと思っている。

            偉大な音楽家の子息だったとしても、生まれてすぐに音楽とは無縁の環境に育ったら、凄い音楽家になれるとはどうしても思えない。

            自分は小学校時代、ソフトボールの地元チームに参加した。人並みに練習したつもりだったが、ちっともダメだった。更に、中学高校は水泳部に所属していた。毎日結構練習したつもりだか、大会で全く成果を残すことはできなかった。

            その原因は、
            1. 専門のコーチがいなかった。
            2. 年中練習できる場所(冬でも泳げる温水プール)がなかった。

            などもあるが最大の原因は、それ程夢中でなかったのだと、ずいぶん後になって気がついた。

            例えば音楽なら、持っているカセットやレコード、そしてラジオで聴きまくり、それでも飽き足らず、人に借りまくり、さらにテレビで音楽番組が放映されようものなら、それこそテレビにかじりついて夢中で見たものだった。ギタリストがどう弾いているのか、バンドがどう演奏しているのか、それこそ一挙手一投足に注目していた。

            それに比べて水泳の場合、テレビ中継があってもなんとなく見ていた程度だった。そんな見方をしていては、微妙な違いがわかるわけがない。

            つまり、音楽家の子どもが音楽家になるというのは、生まれながらにして音楽に囲まれていて、かつそれに夢中になったからだと思う。さらに言えば、親のコネもあるので有利だ。

            もし、遺伝が影響しているとすれば、「音楽にのめり込む才能」だと思う。

            そう信じるのは、音楽家の家庭に生まれなかったが、やればできると自分に言い聞かせているだけなのかも知れない。
            Calendar
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << June 2019 >>
            ギター・レッスン生徒募集

            大阪市西区にてギター・レッスンしています。
            ●レギュラー・チューニング
            ●ギター・クラフト・チューニング

            入会金5000円
            ■45分x月3回コース:月謝8000円
            ■45分単発レッスン:3000円

            出張レッスンも承ります
            (出張費別途要)

            お申込・お問合わせ:
            lesson@shinkuromatsuura.com

            ギター名演

            ブログランキング・にほんブログ村へ
            にほんブログ村

            松浦眞九郎参加作品
            All Time Favorites
            Twitter
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Recommend
            Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053
            Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053 (JUGEMレビュー »)

            コーティング弦を使い始めたらもう戻れなくなった。通常の弦なら、弾かなくてもしばらくすると死んでしまうが、これなら安心。
            Recommend
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM