<< 2015年8月のライブ日程 | main | 2015年9月のライブ >>
2015.08.02 Sunday

からだの声

0
    よく以前から「⚪︎⚪︎に良いから△△を食べよう」とか、「□□に悪いから××は控えめに」などと言われる。確かにある意味正しいのだろうとは思うが、自分の体のことは自分の体に聞くのが一番だと思う。

    自分が山菜やらタネ類、苦味の強い物を好きなのも理由があるに違いない。あれが食べたい、これが食べたいと思うのは、体が必要としているからである。だからその欲求に従うことが一番いいはずだ。

    過去に、そういう「からだの声」に耳をかたむけなかったが為に失敗したことが何度かある。

    十数年前のこと、ヨーロッパが記録的な熱波に襲われたことがあった。その夏、ちょうど自分はZUMとして初めてスペインを訪れていた。数本のギグを終え、さらにバルセロナ郊外の修道院にて開催のギター・クラフト関連コースにスタッフ/インストラクターとして参加した。

    宿舎は修道院なので、冷房などあるはずもない。現地の最高気温はおそらく毎日35℃を超えていたと思う。確かに暑かったが、大阪の酷暑で鍛えられた身である。夜、寝苦しければ、さっと熱いシャワーを浴びればぐっすり眠ることもできた。

    コースでは暑さになれていない他の国からやってきた連中も多かった。食事時には誰かが気を使って氷水を用意していたし、またそれを常時飲めるように常に氷を大量に作っていた。大量に汗をかいても喉が渇いたらキンキンに冷えた水を飲むことが出来た。

    さて、コースでの料理の味つけは、大抵薄味である。人によってちょうど良い加減があるので、あとから好みに合わせられるように、常にテーブルには塩コショウが置かれている。さらに毎日大量に汗をかいていたそのコースでは、そのまま食べるとかなり薄味に感じられるた。それにもかかわらず、塩分控えめにしておいたほうがいいだろうなどと考えて、毎食そのまま食べていたのだった。

    そんなある夜のことである。夕食後のクラスでまたしても大汗をかき、休憩に食堂で冷水を何杯も飲んでいた。そうしたらある瞬間、体の中で何かカチッとスイッチが入ったような気がした。それ以降は、喉が乾いているのに水が飲めなくなってしまったのだ。その時は単にちょっと飲みすぎたのだろうと思い、そのままギターを持って続きをする為に広間に戻った。しかしその後どんどん気分が悪くなっていった。吐き気はするわ、下痢の症状が出るわ、熱が出てきたのか寒気はするわ、頭痛、そしてふらつきまで出てきたのだ。

    そう、水分を大量に摂ったものの、逆に塩分が不足したためにおこる脱水症状である。おかげで翌日の午前に予定されていたZUMのレコーディング・セッションを延期する羽目になった。


    ちょうど良い塩加減は舌が教えてくれる。考えてみれば、幼い頃は両親が顔をしかめるほど大量に醤油をかけないと玉子かけご飯が食べられなかったが、歳をとるにつれ薄味になっていった。それでも夏場はやはり濃い目にしないと物足りない。

    結局、何をどれくらい食べたら良いかは、常に体が教えてくれる。あれがいいから食べよう、これが悪いからやめようなどというのはあてにならない。

    しかし、その体の声を麻痺させるものがある。それは、化学調味料、薬物、そしてアルコールだ。

    先日も休日にビールを飲みながら食べ始めたら、信じられない量を食べてしまった。いくら食べても足りなく感じるのだ。

    ビール腹という言葉があるが、ビールで太るのではなく、感覚が麻痺して延々と食べ続けてしまうからなってしまうに違いない。

    JUGEMテーマ:コラム


    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    ギター・レッスン生徒募集

    大阪市西区にてギター・レッスンしています。
    ●レギュラー・チューニング
    ●ギター・クラフト・チューニング

    入会金5000円
    ■45分x月3回コース:月謝8000円
    ■45分単発レッスン:3000円

    出張レッスンも承ります
    (出張費別途要)

    お申込・お問合わせ:
    lesson@shinkuromatsuura.com

    ギター名演

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    松浦眞九郎参加作品
    All Time Favorites
    Twitter
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053
    Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053 (JUGEMレビュー »)

    コーティング弦を使い始めたらもう戻れなくなった。通常の弦なら、弾かなくてもしばらくすると死んでしまうが、これなら安心。
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM