<< ギター初心者あるある | main | スティーヴン・ウィルスン Hand. Cannot. Erase >>
2015.05.25 Monday

映画「セッション」

0
    昨年末から今年初めにかけては、見たい映画がほとんどなかったが、この春から夏にかけては目白押しである。さらに気になる音楽関連ドキュメンタリーも多いので、うまく都合をつけて行かないと全部見られないだろう。

    先日は「セッション(原題:Whiplash)を見てきた。ドラマー志望の学生を鬼教師がしごいて・・・という物語だが、そのスパルタぶりたるや星一徹も真っ青になるくらいだ。否、一徹には愛情と鋭い洞察があったが、この教師にあるのは信念と狂気だけだ。主人公を追いつめていく様は音楽映画というより、むしろホラー映画的でもある。

    お客様である生徒獲得のために、ゆるくて甘々な指導が多い昨今、厳しいのは良いが、精神的に追いつめるのは賛成できない。百歩譲って追いつめても良いのは個人練習、レッスンの段階だけであると考える。しかし、この教師はリハーサル、さらに本番のステージ上でも追いつめていくのだ。

    だが、この主人公も非人道的な面では負けてはいない。せっかく出来た素敵な彼女に練習の邪魔になるだろう、いずれはそれが原因でうまくいかなくなるだろうなどと、まだ起きてもいない未来を勝手に想像して別れてしまうのだ。

    結局、ミュージシャンというのは、身勝手で他人のことなど考えないどうしようもない人間だ、というのがこの映画のテーマともいえる。

    とは言いながら、現実では誰もそんなことはやらないだろう、それはないだろうなどと一人でツッコミを入れて笑いながら見ていた自分も、そんなどうしようもない人間の一人かも知れない。

    しかし何と言っても、この映画ではドラムの演奏面はもちろんだが、その音色の美しさに惚れ惚れしてしまった。自分は専門ではないものの、好みの音色がある。ハイピッチのスネア、サスティンのあるタム、そして力任せに叩くのではなく、手首のスナップを利かせた鋭い音色だ。


    さて、見終えて改めて公式サイトを見るとこうあった。「0.1秒のテンポのズレも許さない、異常なまでの完璧さを求める狂気のレッスンだった。」 しかし、仮にテンポがBPM=120だったとすると、1拍の長さは0.5秒、16分音符では0.125秒なのだ。0.1秒もズレようものなら鬼教師でなくても許さない、と思わず突っ込んでしまった。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    ギター・レッスン生徒募集

    大阪市西区にてギター・レッスンしています。
    ●レギュラー・チューニング
    ●ギター・クラフト・チューニング

    入会金5000円
    ■45分x月3回コース:月謝8000円
    ■45分単発レッスン:3000円

    出張レッスンも承ります
    (出張費別途要)

    お申込・お問合わせ:
    lesson@shinkuromatsuura.com

    ギター名演

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    松浦眞九郎参加作品
    All Time Favorites
    Twitter
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053
    Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053 (JUGEMレビュー »)

    コーティング弦を使い始めたらもう戻れなくなった。通常の弦なら、弾かなくてもしばらくすると死んでしまうが、これなら安心。
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM