<< 2014年10月のライブ日程 | main | 住みたい街 >>
2014.09.30 Tuesday

ケイト・ブッシュ Before The Dawn @Eventim Hammersmith London 2014.09.16

0
    ケイト・ブッシュが35年ぶりにライブをやると聞いたのは今年の初め頃だったろうか。しかもロンドン、ハマースミスのイヴェンティン・アポロ1ヶ所で20公演ほどやると言うので驚いた。その翌日だったか、ケイト・ブッシュのウェブ会員向けにチケット先行販売を行う旨のメールが届いた。その時は9月と言えばアルゼンチン行きを控えているし、さらに別件で海外渡航の可能性もあったので、まず無理だろうと思った。

    そんなことをすっかり忘れていたのだが、ある日ふと時計を見やって、英国時間の今頃ちょうど先行販売が始まっているということを思い出し、そしてこう思った。「もしも行けることになったら、チケットをあの時にとっておけばよかったと一生後悔するのではないだろうか・・・。」そのチケットというのは転売が禁止されており、その為チケットには名前が印刷され、会場入口で写真入りの身分証を見せる必要があった。だから行けなくなったらチケット代は丸々損することになるのだが、これはとれるものならとってしまおうと決心したのだった。



    かくしてチケットをとったのだが、その後あっという間に全公演分が売り切れたらしく、後日追加公演まで出る有様だった。こうなったら何としても行きたいと思うようになった。6月に入り、アルゼンチン行きがキャンセルになり、別件もほぼ無いことが確定したので、すかさずロンドン行きの便を手配したのだった。かくしてロンドンまで、たった1本のコンサートの為に旅することとなった。



    さて、万全を期してコンサート2日前にロンドン入りしたので、当日まで思い出巡りにレコード屋巡り、そして開催中のケイト写真展やらに足を運んで過ごした。そしていよいよ当日の夕方がやって来た。



    開場は18時15分だったが30分前には現地に到着した。なにせ会場のイヴェンティン・アポロは毎回自分が投宿しているアールズ・コートからは地下鉄1本プラス徒歩10分で行ける場所なのだ。現場に着くと、開場30分前というのに既に行列ができていた。早く行ったからといって良い席に座れるわけではないのにどうしたことだろう。

    しかし入場してその理由が分かった。Tシャツやらパンフレットを売る売店には長蛇の列…否、黒山の人だかりで近づくことすらできないのだ。さらにはバーカウンターが出ていて、みんなビールやらワインやらガンガン飲んでいる。自分もそこに並んで喉を潤したい欲求にかられたが、ここで飲んでは本番最中にトイレに立ってしまうだろうと思いとどまった。

    自分の席は1階後方ではあるものの、顔を動かさずにステージ全体が見られるので良席と言える(この会場はキャパで言うと元「大阪厚生年金会館大ホール」程度だろう)。早めに席に着きパンフレットに目を通しながら開演を待つことにした。



    さて、開演時刻になり照明が落ちると、バンドメンバーとバックシンガーが登場、そして最後にケイト本人が現れた。割れんばかりの拍手にこちらもひるんだが、負けじと拍手した。それにしても今回の公演は全部で22回、しかもチケットは全て完売とのことだが、一体どこにこれだけの人間がいたのだろう。狂気としか思えない(自分も飛行機に乗ってまで駆けつけたのだから狂気を通り越した大馬鹿者であるが・・・)。

    そしていよいよ待ちに待った演奏が始まった。馴染みのゲイブリエル・バンドのギタリストであるデイヴィッド・ローズやらドラムのオマー・ハキムやらもいるのだが、ケイトが登場するとそのオーラで霞んでしまう。驚いたのは息子のアルバートもバッキング・シンガーの一員として参加していることだ。残念ながらその容姿までは良く見えなかった。

    さて最初に6曲普通に演奏(Hounds of Love、Running Up That Hillといった5thアルバムからの楽曲も披露)した後、突如音響もサラウンドに切り替わった。そして始まったのがAnd Dream of Sheepである。そう、そうして何とHounds of LoveのB面Ninth Waveを芝居・映像まじえての全曲演奏となったのだ。自分にとってのハイライトはJig of Lifeだったが、アルバムの中では唯一ピンとこなかった曲であるThe Morning Fogもアコーディオン、ギターなどアコースティック・アレンジがなされ、原曲よりもぐっと良くなっていた。

    そして20分の休憩を挟み、今度はAerialのディスク2のA Sky of Honey全曲演奏である。人形使いも登場、そして息子であるアルバートは画家の役も担い、ストーリーに沿った芝居が繰り広げられる。

    彼女の楽曲で歌詞を聴いたり読んだりしても、実際それが何を意味しているのか分からかったりするが、映像を伴うと初めてこうだったのかと納得させられることが多い。今回のステージではこれまで映像化されていなかったNinth Waveに加えてA Sky of Honeyをやってくれたので、実際こういうことを表現したかったのかと新鮮だった。演出上面白かったのは、最新鋭の舞台設備と昔ながらの人力効果の両方をミックスしていたところである。波を表現するのに人力で布をはためかしたと思いきや、レーザー・ビームや様々な照明〜映像効果、そして音と映像の同期など、彼女が1979年のツアーでは不可能だったことも積極的に採り入れていたことだ。

    アンコールではピアノ弾き語りでAmong Angelsをやった後バンドを呼び込み、Cloudbustingで大団円。フェアライトでのサンプリング4部刻みストリングスは、デイヴィッド・ローズのエレクトリック・ギターによるカッティングが重ねられたライブ向きのアレンジだった。

    終演後

    パンフレット

    人形

    ステージ

    ビデオでしか体験できない伝説の79年ツアーでは、彼女はパントマイムやクラシック・バレエも採り入れて全身で表現するいわば「踊り語り」だった。歳を重ねた今、それは無理だったのだろうが、様々なアイディアが盛り込まれ、コンサート〜芝居〜ミュージカルといった要素を重ね合わせた彼女ならではの素晴らしいパフォーマンスだった。


    JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!
    コメント
    これはもう行くべくして行った、行く宿命にあったとでも…(^-^)
    • なざ美
    • 2014.10.09 Thursday 15:18
    なざ美さん
    毎回そんな言い訳しながら好き放題やってます。コンサートは撮影していたみたいなので、いずれDVD/ブルーレイも出るのではないかと楽しみにしています。
    • shinkuro
    • 2014.10.09 Thursday 16:20
    はじめまして!自分も昨年、現地で2公演観ることが出来、感動しましたー!もう一年が経つんですね・・・。
    ちなみに、同じようにレビューを書かれている方々のブログへのリンク集を勝手ながら上記URL先にまとめてみましたので、よければご確認ください〜
    すみません、URLは私の投稿者名 music bar Gaffaにリンクがついてます・・・。
    Gaffaさん
    コメントありがとうございます。2回も見られたとは羨ましい。ケイトにはまたコンサートをやってくれることを願うばかりです。
    リンクもチェックしますね。
    • Shinkuro
    • 2015.09.14 Monday 16:21
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    ギター・レッスン生徒募集

    大阪市西区にてギター・レッスンしています。
    ●レギュラー・チューニング
    ●ギター・クラフト・チューニング

    入会金5000円
    ■45分x月3回コース:月謝8000円
    ■45分単発レッスン:3000円

    出張レッスンも承ります
    (出張費別途要)

    お申込・お問合わせ:
    lesson@shinkuromatsuura.com

    ギター名演

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    松浦眞九郎参加作品
    All Time Favorites
    Twitter
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053
    Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053 (JUGEMレビュー »)

    コーティング弦を使い始めたらもう戻れなくなった。通常の弦なら、弾かなくてもしばらくすると死んでしまうが、これなら安心。
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM