| main | ジェフズ・ブギー/ ベック・ボガート&アピス >>
2008.02.18 Monday

サード・ワールド・マン/ スティーリー・ダン(ラリー・カールトン)

0
    スティーリー・ダンの80年のアルバム、「ガウチョ」のラストを飾るトラックは、ギターにラリー・カールトンをフィーチャー。

    ラリー・カールトンと言えば、「ルーム335」のヒットで、当時ギタリストとしては人気の絶頂にあった。その頃ハードなロックに夢中な中学生だった自分には、なにやら巧いがあまりピンと来ない存在だった。

    そんな印象を覆したのが、この「サード・ワールド・マン」での見事な好演である。軽くオーバードライブさせたギブソン335の極上トーンも素晴らしく、ソロでは複音でのフレーズを中心に、一筋縄ではいかない骨太なプレイを聴かせる。綿密に計算されたかのようにも聞こえるが、彼なら数回のリハの後、アドリブでやったのではないかと思う。同じソロをダブルで弾いているのは、プロデューサー(スティーリー・ダン)が彼のOKテイクのアドリブを完コピさせて、もう一度弾かせたのではないだろうか。





    JUGEMテーマ:MUSIC


    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    ギター・レッスン生徒募集

    大阪市西区にてギター・レッスンしています。
    ●レギュラー・チューニング
    ●ギター・クラフト・チューニング

    入会金5000円
    ■45分x月3回コース:月謝8000円
    ■45分単発レッスン:3000円

    出張レッスンも承ります
    (出張費別途要)

    お申込・お問合わせ:
    lesson@shinkuromatsuura.com

    ギター名演

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    松浦眞九郎参加作品
    All Time Favorites
    Twitter
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053
    Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053 (JUGEMレビュー »)

    コーティング弦を使い始めたらもう戻れなくなった。通常の弦なら、弾かなくてもしばらくすると死んでしまうが、これなら安心。
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM