<< 2013年5月のライブ | main | 密かな趣味 >>
2013.05.06 Monday

ロバート・フリップ

1
初めて「クリムゾン・キングの宮殿」を聴いた時の衝撃は大きかった。音楽そのもののインパクトが大きすぎたので、個々のプレイヤーがどう演奏しているかというのは当初あまり意識しなかったのだが、何度も聴き直すうちにそのギタリストの姿勢に興味を持つようになった。タイトル曲や「風に語りて」での端正な演奏、「21世紀の精神異常者」でのフリーキーなソロといったところが、それまで聴いてきたギタリスト達とは明らかに違うアプローチだと感じたのだ。

それまで聴いてきた多くのギター・ソロは、「いかにカッコよくギターを聴かせるか」を考えて弾かれているように感じたが、ロバート・フリップはそうではなかった。「いかにその楽曲を引き立てるか」を最優先していると感じたのだ。それはその次に手に入れた「アイランズ」での「レディーズ・オブ・ザ・ロード」でより顕著だった。普通ならここまで下手に弾くことはないだろうというくらいのソロだったからだ。


それから随分後、ギター・クラフトで彼に様々なテクニックを教わった。それらは非常に合理的で実践的なものだったが、そこで彼はこうも言った。「テクニックは重要だが、もし音楽が要求するならそれらを無視して何をしてもいい。」


ロバート・フリップの演奏の特徴は、

1. メカニカルなピッキング
2. 奇数拍子
3. ペンタトニック、ホールトーン、シンメトリック(ディミニッシュ)・スケール
4. ファズ/サステナーによる長ロング・トーン
5. ループ使用による一人多重演奏

といったところだ。1. に関しては、単純に「人間高速シーケンサー」とも言うべき「フレーム・バイ・フレーム」もあるが、それ以外にも様々なテクニックが隠されている。「アンカー」と呼ばれるテクニックを使い、異なる音符長が混在する「フラクチャー」、「フラクチャード」、「ムーヴィング・フォース」、さらにはクラシック・ギターのトレモロ奏法をピックでやってのける「ローズ・プレイヤー」がその代表だろう。しかし、これらのテクニックは既にクリムゾン以前のジャイルズ・ジャイルズ&フリップでの「組曲第一番」で完成されていたのだ。そしてこれらは完璧に弾けるようになったとしても、その後毎日練習を維持し続けないとライブでは弾けない。コツだけではどうにもならないシロモノなのだ。しかしそれだけの労力を費やしても、そこにそれだけの技術が隠されていることにはあまり注目されない。非常に地味な努力なのだ。

それ以外にも独特なのが「フィンガー・ピヴォット」と呼ばれるテクニックだ。これは二つの弦の中間に指を置き、関節を曲げたり伸ばしたりすることなく隣同士の同フレットを行き来する。これは元々バイオリンのテクニックらしいが、ギターはバイオリンに比べ、弦と弦の間隔が広いので難しい。

以前、ロバート・フリップに「プロ・ギタリストとは、1. 世界中の誰でもないギタリストになるか、2.世界中の誰も演奏しない音楽をやるか、3.人に言われるがまま何でも演奏するギタリストだ。」と言われたと書いたが、彼は間違いなく1、2を実践してきた。そこから考えると、彼が椅子に座ってライブをするようになったのも、実はそれが理由ではないだろうか。もちろん、座った方が弾きやすいのは確かだろうが、それまでに登場したロック・ギタリストで椅子に腰掛けてライブをする人間などいなかった。実はあえて狙ったのではないだろうか。


衝撃のファースト 


「フラクチャー」収録


「レディーズ・オブ・ザ・ロード」収録


既にこの時ギタリストとして完成されていた


フリップ一人多重録音による「ムーヴィング・フォース」収録

JUGEMテーマ:コラム


JUGEMテーマ:ROCK


JUGEMテーマ:progressive rock


コメント
 ペンタトニック・スケールは普通の平均律音階の曲調ではではなかなか使えないですよね!
  • なざ美
  • 2013.05.06 Monday 18:42
あっ、いつも普通に使ってます(笑)
ロバートは近年、オクタトニック、ヘクサトニック・スケールなるものも考案しました。
 あー私はクラシック・ピアノの発想=平均律=クロマティックでしか納得出来ないので採譜はできてもオリジナルは無理ですね。
  • なざ美
  • 2013.05.09 Thursday 00:19
なるほど、そうなんですね。
ギタリストにとってペンタトニックは非常に使いやすいです。ただし、ギター・クラフト・チューニングだと少し弾きにくいです。
こんにちは。
読み返して、何が重要なのか?という問いを自分にしました。
私は技量が足らないのは明白ですが、それ以前に「心」が足りなかった。
ゆとりのある気持ちを持つことが、自分らしい素質を出せるような気がします。
と、言っても簡単なことではないですが、気付くことの大切さが再確認できました。
  • kazunori_FUZZ
  • 2019.09.02 Monday 16:08
kazunori_FUZZさん
コメントありがとうございます。
今まで気づかなかったことに気づいたなら、大きな進歩ですね。
確かにゆとりは大切ですね。
  • Shinkuro
  • 2019.09.09 Monday 17:35
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ギター・レッスン生徒募集

大阪市西区にてギター・レッスンしています。
●レギュラー・チューニング
●ギター・クラフト・チューニング

入会金5000円
■45分x月3回コース:月謝8000円
■45分単発レッスン:3000円

出張レッスンも承ります
(出張費別途要)

お申込・お問合わせ:
lesson@shinkuromatsuura.com

ギター名演

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

松浦眞九郎参加作品
All Time Favorites
Twitter
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recommend
Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053
Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053 (JUGEMレビュー »)

コーティング弦を使い始めたらもう戻れなくなった。通常の弦なら、弾かなくてもしばらくすると死んでしまうが、これなら安心。
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM