<< 2016年10月・11月のライブ予定 ※10/5追記 | main | 2016年アルゼンチン・ツアー その1 >>
2016.09.29 Thursday

ザ・ビートルズ「ライブ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」と映画「エイト・デイズ・ア・ウイーク」

0
    長年廃盤だったビートルズの「ハリウッド・ボウル」がやっとCD化された。

    1977年にLPで出たが、自分が手に入れたのは翌78年のことだ(実は、弟が母にねだって手に入れたものだったが・・・)。ライブ盤が何なのかも知らなかったので、最初に友人宅で聴かされたときは、コンサートを収録したレコードがあることにまず驚いたものだった。
    1964年と65年に発売を前提に録音されながら、音質・内容に不満があるので発売に至らなかったと知り、さらに驚いた。当時小学6年だった自分にとって、演奏も音質も充分良いと思えたからだ。それから数年が経ち、実際にギターを始め、さらにバンドをやりだしてからあらためて聴いてみても、その印象は変わらなかった。むしろビートルズがモニターのないステージで、これだけの演奏ができていたこと、そしてはずさずに歌を歌えていた事に驚嘆した。

    さて、今回のリミックス再発で良かった点のひとつは、ギターが大きくなって聴こえやすくなったところだ。特に「ボーイズ」そしてラストの「ロング・トール・サリー」では、オリジナルよりジョージのリード・ギターがよく聞こえるし、「ボーイズ」のギター・ソロもオリジナルではフェード・インのように聞こえるが、今回はアタマからしっかり聞こえる。

    残念だった点は、ボーカルのエコー処理だ。オリジナル盤に比べ、ディレイタイムが短めである。またオリジナルではディレイ音の高域は絞り気味で、さらにリバーブで沈めてあるが、今回はディレイ音がクリアー過ぎて目立ってしまっている。オリジナルより小さめの会場で演奏しているかのように聞こえてしまう。オリジナルのエコー処理が気に入っていただけに残念だ。


    続いて映画、「エイト・デイズ・ア・ウイーク」も公開されたので、早速見に行ってきた。

    行く前はどうせ知っているシーンばかりだろうからと、余り期待していなかったのだが、それでもビートルズのコンサート・シーンは何度見ても胸が熱くなる。いくつかのコンサート・シーンの音声はハリウッド・ボウルのものがあてられていたりと残念に思う部分もあったが、途中からそんなことはどうでもよくなった。しかし何と言っても良かったのは、本編終了後に上映されたシェイ・スタジアム・コンサートだ。映像も随分綺麗に修復されており、1978年の正月に大毎地下にて初めて見たときの興奮が蘇った。

    あの時は同時上映だった「マジカル・ミステリー・ツアー」目当てで、「シェア・スタジアム」が何なのか知らずに行き、その迫力に圧倒されたものだった。

    しかし今でも不思議に思うことは、「明日に向かって撃て」との三本立てだったことだ。







    JUGEMテーマ:MUSIC



    コメント
    私がビートルズ関係で持っているのは、「シルバー・ビートルズ」(Decca Tapesとも言うらしい)、「リボルバー」、ジョージ・ハリスンの「電子音楽の世界」「ダークホース」ぐらいですが、昔の東芝の赤盤(エバークリーン)で聴いてみたいですね。
    • Log
    • 2016.09.30 Friday 20:32
    Logさん

    デッカ・テープスに電子音楽の世界とは何とマニアックな!

    ロバートにプロ・ミュージシャンを目指すことを決意させた「サージェント・ペパー」も必須でしょう。

    とは言っても、自分は「ホワイト・アルバム」派です。
    • shinkuro
    • 2016.10.01 Saturday 23:15
    ボブ・ディランは1st.アルバムしか持っていないが、特に「朝日のあたる家」が素晴らしい。
    ジャマイカのレゲエ・コンビ、スライ&ロビーの「ランゲージ・バリアー」というアルバムでは、強烈なヒップホップ・ビートに合わせてボブ・ディランがハーモニカを吹いています。
    • Log
    • 2016.10.17 Monday 09:09
    ボブ・ディランの1st.アルバムを出してきて聴いていますが、アメリカの片田舎の町にでもいるような素朴さが最高です。
    フォークソングはそんなに聴きませんが、バハマのジョゼフ・スペンスもいいんですよ。ロバート・ジョンソンと1才違いではあるが、のどかなフォークソング。どの曲もほとんど同じ。
    • Log
    • 2016.10.18 Tuesday 09:12
    一度が二度になり、二度が三度になる。人間の欲望は限りがない物で、今度はスティックメン+メル・コリンズのビルボード公演に行きたいと思う。
    YouTubeにある、スティックメンの「戦慄パート供廚眩農欧蕕靴ぁ
    • Log
    • 2016.10.24 Monday 13:01
    Logさん
    ボブ・ディランの1stは聞いたことないのでチェックリストに入れときます。

    スティックメンは前回の来日ではデイビッド・クロスとの共演だったせいか、大人し目の演奏が多かったですが、普段は非常にパワフルなステージなので、メルコリンズとなら、さらに期待できそうですね。
    • shinkuro
    • 2016.10.24 Monday 23:29
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    ギター・レッスン生徒募集

    大阪市西区にてギター・レッスンしています。
    ●レギュラー・チューニング
    ●ギター・クラフト・チューニング

    入会金5000円
    ■45分x月3回コース:月謝8000円
    ■45分単発レッスン:3000円

    出張レッスンも承ります
    (出張費別途要)

    お申込・お問合わせ:
    lesson@shinkuromatsuura.com

    ギター名演

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    松浦眞九郎参加作品
    All Time Favorites
    Twitter
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053
    Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053 (JUGEMレビュー »)

    コーティング弦を使い始めたらもう戻れなくなった。通常の弦なら、弾かなくてもしばらくすると死んでしまうが、これなら安心。
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM