<< 定番 | main | 2016年8月・9月のライブ予定 >>
2016.07.15 Friday

ローラ・ニーロ「イーライと13番目の懺悔」

0
    音楽に夢中になっておよそ40年になる。これまでに聴いたアルバムは数千枚になるだろう。しかし、その中で何百回と繰り返し聴いたアルバムもある。また、別バージョンや、より良い音を求めて、何度も買い直したアルバムもある。

    ローラ・ニーロの「イーライと13番目の懺悔」もそんなアルバムのひとつだ。

    最初に知ったのは1987年、トッド・ラングレンが最も影響を受けたアルバムとインタビューで語っていたのを読んでのことだった。それからしばらくしてCD化された際に手に入れた。

    オリジナル盤のリリースは1968年だが、自分がCDで初めて聴いた1990年でも充分斬新な内容だった。内容を言葉で表すのは難しいが、陳腐な言い方をすると、

    ジャズ、ブルース、ソウル、ゴスペル、ポップに影響を受けた、ピアノ弾き語りのシンガー/ソング・ライターが作ったリズム・チェンジの多用と自身による多重コーラスを特徴とする楽曲に、チャーリー・カレロによる素晴らしいバンド・アレンジが施されたレコード

    ということになるだろう。

    それから徐々に他のアルバムもCD化され、そうして全アルバムを手に入れた。また、1994年には来日公演まで行われ、近鉄劇場とチキン・ジョージ2回の公演にも足を運んだ。

    いずれも素晴らしい内容だが、セカンド・アルバムとなる本作の前では霞んでしまうくらいだ。

    この度、オーディオ・フィデリティから、4.0サラウンド入りのハイブリッドSACDが発売された。アナログ4チャンネル盤は聴いたことがなかったので、すかさず予約して手に入れた。早速聴いてみたが、ステレオ・ミックスでは聞こえなかったバイオリンやホーンの音が聞こえたり、今まで気づかなかった深いエコーに驚かされる「ウーマンズ・ブルース」など、数百回聴いてきた耳にも新鮮だ。

    考えてみると、このアルバムがリリースされてから自分が初めて聴くまでに22年、それからさらに26年が経ってしまった。そして自分は既に、49歳で亡くなった彼女の歳を超えてしまった。

    死ぬまでにこんな傑作を創り上げてみたい。

    今回のオーディオ・フィデリティ盤。お約束のスリップケース入り、通し番号入り。




    こちらはアナログ盤。オビのように見えるのは


    歌詞カードの一部を折り返している。


    インナーバッグにはモット・ザ・フープル等が載っているので、当然初回盤ではなく1972年頃のプレス


    2007年の日本盤紙ジャケCD


    コメント
    私がこのアルバムに出会ったのは、実家にあった、ソニーの4チャンネルレコード、SQの試聴用ディスクの中に「イーライズ・カミン」が入っていました。他にはサンタナ、アル・クーパー、BS&Tなどが入っていましたが、専用針、復調機器などを持っていなかったので、4chとしては聴けていません。
    当時の4chミックスはリスナーの周りを音像がグルグル廻ったりするこけ脅しで、仕上がりからすると現在のSACDの方が上でしょう。
    こういった盤を、長岡鉄男のマトリックス・スピーカーで聴いてみたいです。

    • Log
    • 2016.07.15 Friday 19:50
    Logさん

    そんなサンプラー盤があったんですね!貴重です。

    今回のSACDは、当時の4チャンネル用にミックスされたマスター・テープから作られているようです。グルグル回るギミックはありませんでした。ボーカルはセンター前方、ベースとドラムは左後方、ギターは右前方、ピアノは左前方、ストリングスは右後方といった定位が多いです。
    • Shinkuro
    • 2016.07.15 Friday 20:33
    クリムゾンのライブ盤が遂に9/2に出ます。3CD(イギリス、カナダ、高松)+高松の全長版Blu-rayのセット、または3CD+Blu-ray+2DVD(高松)のセット。
    まだBlu-rayプレーヤーは持っていませんが、多分同時購入するでしょう?
    • Log
    • 2016.07.22 Friday 21:15
    Logさん

    日本先行発売ということで、今から本当に楽しみですね。スタジオ録音のように、歓声を消した音源も収録というのが、また興味深いところでもあります。
    • Shinkuro
    • 2016.07.22 Friday 21:25
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>
    ギター・レッスン生徒募集

    大阪市西区にてギター・レッスンしています。
    ●レギュラー・チューニング
    ●ギター・クラフト・チューニング

    入会金5000円
    ■45分x月3回コース:月謝8000円
    ■45分単発レッスン:3000円

    出張レッスンも承ります
    (出張費別途要)

    お申込・お問合わせ:
    lesson@shinkuromatsuura.com

    ギター名演

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    松浦眞九郎参加作品
    All Time Favorites
    Twitter
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053
    Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053 (JUGEMレビュー »)

    コーティング弦を使い始めたらもう戻れなくなった。通常の弦なら、弾かなくてもしばらくすると死んでしまうが、これなら安心。
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM