<< 時差ぼけ | main | ローラ・ニーロ「イーライと13番目の懺悔」 >>
2016.07.11 Monday

定番

0
    いつも不思議に思うことがある。それは、どうしてメーカーは定番と言われている商品の生産・販売を中止してしまうのか、ということだ。

    スタジオでは定番だったモニター・スピーカー、某アパレル大手の無地コットンTシャツ、シンプルなデザインでちょうどいいサイズの白いマグ、いずれももう売っていない。

    ギターの定番と言えば、ギブソンのレス・ポール、フェンダーのストラトキャスターにテレキャスター、マーティンD28などだが、これらは何十年も売っているというのに、どうしてなのだろう(もっともレス・ポールは一時生産中止だったこともあるが…)。

    生産中止・販売中止の理由として考えられるのは、

    1. 材料、部品の調達が難しくなった
    2. コストに見合わなくなった
    3. 大幅なモデル・チェンジをしたら人気がなくなった
    4. 会社のイメージにそぐわなくなった
    5. 単に売れなくなった

    といったところだろうか。

    さすがにスピーカーを何度も買い換える事はないから、新しいスタジオがオープンするか、個人ユーザーが増えるかしない限り、売れ続けるのは難しいかもしれない。またマグは割ってしまうこともあるが、自分の場合せいぜい10年に一度くらいしか買わないから、わからないでもない。しかしTシャツなら、数年で色褪せたりくたびれたりして着られなくなってしまうので、毎年買うからこれだけは解せない。

    最近では、冬でもあったかい素材を使用したTシャツというのがあるが、あれはどうも好かない。発汗する事によって暖かくなるというが、動いたり暖房の効きすぎた場所にいる事によって、暑いから発汗するのだ。それでさらに熱を発生されたら、たまったものではない。

    しかし、店頭にはそういったものや、夏でも涼しい特殊素材を使ったものばかりが並んでいる。どうして普通の綿100%のシンプルなTシャツがないのだ。

    これは綿が高くなっているということなのだろうか?または原油価格が下がったから、化繊を使って安くあげるということなのか?


    それとも単に、自分の好みが時代とかけ離れているだけなのかもしれない。
    コメント
     オーディオ機器やギターに関しては門外漢(女だけど)なので何とも言えませんが、生活用品や衣類に関しては、中国工賃の高騰があると思います。
     海外産にmade in Chinaが減りタイやインドネシアが増えている事から、そも中国に工場を持っているメーカーは移転のコストを考えるなら別種のプロダクツを生産してその付加価値で価格を調整しているのではないでしょうか?
     私などほぼ30年程同じ服を着まわしているのですが、最近痩せたので新しい服を…といっても古着屋ばかりなのでちょっと話の次元が違いすぎかも‥(笑)
    • なざ美
    • 2016.07.11 Monday 14:00
    なざ美さん

    そうなんですね。

    自分は似たものや同じものばかり買う傾向があるので、少々値上げしても買うんですが、普通そうはいかないようです。

    それにしても件のTシャツ、首元のタグがなくなってから更に気に入っていただけに残念です。
    • Shinkuro
    • 2016.07.11 Monday 14:11
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    ギター・レッスン生徒募集

    大阪市西区にてギター・レッスンしています。
    ●レギュラー・チューニング
    ●ギター・クラフト・チューニング

    入会金5000円
    ■45分x月3回コース:月謝8000円
    ■45分単発レッスン:3000円

    出張レッスンも承ります
    (出張費別途要)

    お申込・お問合わせ:
    lesson@shinkuromatsuura.com

    ギター名演

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    松浦眞九郎参加作品
    All Time Favorites
    Twitter
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053
    Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053 (JUGEMレビュー »)

    コーティング弦を使い始めたらもう戻れなくなった。通常の弦なら、弾かなくてもしばらくすると死んでしまうが、これなら安心。
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM