<< ドン・フェルダー | main | 2016年4月のライブ >>
2016.03.08 Tuesday

King Crimson / Live in Toronto, November 20th 2015

0

    来る3月18日、キング・クリムゾンが昨年11月20日にトロントにて行った公演を完全収録したライブ・アルバムが発売される。現在予約受付中だが、DGMLiveサイトでは既にダウンロード販売が始まっているので早速購入して聴いてみた。あくまでも「公式ブートレッグ」という位置づけだが、ひとつのコンサートを丸ごと収録しており、さらに11月20日と言えば日本公演の直前であるから、それを体験した者としても買わないわけにはいくまい。数週間先のCD発売までは待ちきれなかったというわけだ。

    さて、現編成でのクリムゾンとしては昨年発売のミニ・ライブ「ライブ・アット・ジ・オルフェウム」があるわけだが、そちらには正直がっかりさせられた。7人編成やトリプル・ドラムの意味がもうひとつわかりにくく、また選曲もぱっとしなかった。もっとも40分程度のミニ・アルバムに、コンサートそのものの良さを収めること自体が土台無理だったと言うところもある。

    そういうこともあって、実は現編成のクリムゾンにはあまり期待していなかったのだ。しかし日本公演があまりにも素晴らしかったので、「ライブ・アット・ジ・オルフェウム」が単に良くなかっただけなのか、それともバンドそのものが進化しているからなのか、それも知りたかった。

    さて、まず一回通して聴いての感想だが、ひとことで言ってこれは凄い。ロバートがそう言っていたが、やはり「バンドは良くなっている」のだ。「オルフェウム」は全体にこじんまりとしていておとなしい印象だったが、今回は実際のコンサートと同じように静と動の対比がたっぷり楽しめる。またトリプル・ドラムの良さもしっかり伝わってくる。

    あらためて「オルフェウム」を聴きなおしてみたところ、イコライジングが甘いせいで、やはりおとなしい印象は変わらないが、その短さを除けばそれほど悪くはないと思った。とは言っても、たとえば「スターレス」を聞き比べてみると、途中の延々続くインスト・パートでのドラムスの白熱具合などは雲泥の差である。やはり演奏自体の活きの良さが前年のツアーとは全く違うのだ。

    今年9月には、これまでの各公演からベスト・テイクを集めた公式ライブが発売されるらしい。さらに映像も出るようだ。しかしひとつの公演をそのまま収録したこのトロント公演は、1970年代のアムステルダム、コンセルトヘボウ公演やニュージャージー、アズベリー・パーク公演のライブと並んで聴き続けることだろう。


    アマゾンでも予約受付中

    DGMLiveの本商品紹介ページ:http://www.dgmlive.com/archive.htm?artist=35&show=2011
    (Easy MoneyのMP3は無料ダウンロードできる。)


    (ライブ・アット・オルフェウム)

    JUGEMテーマ:MUSIC
    コメント
    どうもありがとうございます。実は、手持ちの音源を高松公演の曲順で編集して毎日聴いています。
    持っていない曲もあるし、CDの80分という制約もあって、完全では無いのですが、「戦慄パート2」はElements2015のテイクを入れたり、「宮殿」はBBCのスタジオライブを入れたり、工夫しています。
    あのトリプル・ドラムスの緻密さと迫力は、DVD-Aのサラウンドでも再現できないでしょうね。
    • Log
    • 2016.03.08 Tuesday 15:40
    Logさん
    そういう楽しみもありますね。今回のリリースでより当日の内容により近づけそうですが、日本公演のみ登場の「平和」や新曲「ラディカル2」は秋の公式盤を待つしかなさそうですね。
    サラウンド・ミックスも楽しみですが、おっしゃるとおり再現はできないでしょう。
    • shinkuro
    • 2016.03.08 Tuesday 15:57
    HMVに「Live in Toronto」を注文して、先払いで振り込み、やっと一週間遅れで手に入ると思いきや、ゆうメール扱いなので、時間指定配達は不可、郵便受け投函も不可、時間指定再配達も不可と言う事で、事実上、受け取れない事に。
    さらにこっちには何の責任もないのに、客側の都合によるキャンセルは600円差し引いて返金と言う事で、あまりにバカバカしいから全額掛け捨てにして、街のタワーレコードで買う事にしました。向こうにあれこれ言う時間がもったいない。
    • Log
    • 2016.03.26 Saturday 06:28
    Logさん

    それは腹が立ちますね。
    しかしCDを手に入れて聴いたら、そんな怒りや不満も吹っ飛んでしまうことでしょう。
    • Shinkuro
    • 2016.03.26 Saturday 08:39
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    ギター・レッスン生徒募集

    大阪市西区にてギター・レッスンしています。
    ●レギュラー・チューニング
    ●ギター・クラフト・チューニング

    入会金5000円
    ■45分x月3回コース:月謝8000円
    ■45分単発レッスン:3000円

    出張レッスンも承ります
    (出張費別途要)

    お申込・お問合わせ:
    lesson@shinkuromatsuura.com

    ギター名演

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    松浦眞九郎参加作品
    All Time Favorites
    Twitter
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053
    Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053 (JUGEMレビュー »)

    コーティング弦を使い始めたらもう戻れなくなった。通常の弦なら、弾かなくてもしばらくすると死んでしまうが、これなら安心。
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM