<< 2015年9月のライブ | main | 2015年10月のライブ予定 >>
2015.09.06 Sunday

純正律/平均律

0
    ギター弾きにとって、チューニングというのは最も悩まされることの一つだ。

    特に初心者の頃は耳が追いついてなかったり、コツを知らなかったりしてなかなかうまく合ってくれない。自分が初心者だった中学時代は電子チューナーも高価だったので、とても買える代物ではなかった。だから大抵は基準になる音をピアノや調子笛、そして音叉などで合わせ、そこから順番に他の弦を合わせていく。最初の頃は、次の弦の開放で鳴るべき音を、最初に合わせた弦のフレットを押さえて鳴らして合わせていく方法でやっていた。

    しばらくすると、ハーモニクスを鳴らして合わせるという少し「高度な」方法を覚えた。しかし、2本の弦のハーモニクスが完璧に合ってうねりがピタリと止まっても、全ての弦を合わせ終わると、2オクターブ違いのE音同士であるはずの6弦と1弦がなぜかズレてしまうのだ。その時は自分の耳が悪いのか、それともギターに問題にあるのだろうくらいに思っていた。

    しかし、その答えは高校の音楽授業で見つけることができた。音楽教師が授業でこう言ったのだ。「もともと音階というのは、和音が最も美しく響くようにして決められていた。ドとレ、レとミそれぞれの音程は異なっていた。しかしそうするとキーごとに調律をやりなおすか、キーごとに調律された楽器を用意する必要があった。しかしバッハの時代に全ての半音の音程を同じにする平均律が広まった。平均律では和音は濁ってしまうが、そのほうが何かと便利だから、そのまま普及して現在に至った。」

    だから自然に発生するハーモニクスだと平均律とは違う音程が得られた為、平均律での半音間隔で打たれたフレットの音とはずれるわけだ。ということは、ギターだと一般的でなくなった純正律の響きも体験できる。

    仮に、開放弦をC(ド)にチューニングしたギターでハーモニクスを鳴らすと、
    ソ:7フレット、3フレットのややブリッジ寄り
    ミ:4フレット
    ♭シ:3フレットのややナット寄り
    レ:2フレット

    が得られる。これを使えば簡単に純正律の響きを体験できるのだ。ソは平均律よりも数セント高い程度だが、ミはかなり低い。平均律に馴れた耳で聞くと、狂っているように感じてしまう。しかし、ドミソを同時に鳴らすと、平均律では得られない澄んだ響きを体験できるのだ。ためしに実際に録音してみた。

    1.平均律(ドミソ):


    2.純正律(ドミソ):


    しかし、いざ録音したものを聞くと、生で弾いて感じたほどの差はないようにも思える。そこで件の音楽教師が付け加えた内容を思い出した。

    「平均律で調律されたピアノで和音を鳴らすと、音が空気中に放たれるやいなや、それぞれの音は純正律に寄る。」

    そのせいなのか、それとも弾いている時の耳と聞いている時のそれは違うのか、はたまた録音の問題なのかは謎である。

    コメント
    こんにちは。
    ご無沙汰しております。
    音源を聞かせてもらいました。
    僕には、ちょっと違いが判りませんでした。
    でもチューニングは奥が深いものだと記事を読ませてもらって改めて思い直しました。
    Yada君
    コメントありがとう。
    純正律の3度は平均律より16セント低いです。
    チューナーできっちり合わせたギターで3弦4フレットのハーモニクスと2弦5フレットのハーモニクスを比べるとよくわかるでしょう。
    • Shinkuro
    • 2015.09.06 Sunday 18:51
    こんばんは。
    何度もコメントしてすみません。

    何回も音源を聞きました。
    やっと違いを感じることが出来ました。
    純正律の方が音に幅??を感じました。
    言葉では表現が難しいですが確かに豊かな音だと思います。

    しかし先入観もあるせいか音に対して純粋に反応するのは、僕にとってはとても難しいことでした。
    Yada君
    平均律に慣れた耳では純正律で音階を弾くと狂って聞こえますが、和音の澄み渡った響きには感動します。是非試してみてください。
    • Shinkuro
    • 2015.09.08 Tuesday 07:48
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    ギター・レッスン生徒募集

    大阪市西区にてギター・レッスンしています。
    ●レギュラー・チューニング
    ●ギター・クラフト・チューニング

    入会金5000円
    ■45分x月3回コース:月謝8000円
    ■45分単発レッスン:3000円

    出張レッスンも承ります
    (出張費別途要)

    お申込・お問合わせ:
    lesson@shinkuromatsuura.com

    ギター名演

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    松浦眞九郎参加作品
    All Time Favorites
    Twitter
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053
    Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053 (JUGEMレビュー »)

    コーティング弦を使い始めたらもう戻れなくなった。通常の弦なら、弾かなくてもしばらくすると死んでしまうが、これなら安心。
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM