2017.03.22 Wednesday

ジェイムス・テイラーとリヴィングストン・テイラー

0
    これまで数多くのミュージシャンの演奏を聴いてきたが、音楽と一体化していると感じられた人は少ない。しかし、ジェイムスとリヴィングストンのテイラー兄弟はそんなうちのふたりだ。

    どちらも2回ずつライブで聴いたが、彼らがそこにいて、ほんのちょっとギターを爪弾いたり、歌い始めた途端、場内に音楽が満ち溢れる感じを受けた。彼らの存在そのものが音楽なのだ。それは野球場やホールで見たジェイムス・テイラーより、ライブ・ハウスで間近に見たリヴィングストン・テイラーの方が、当然ながらよく伝わってきた。彼らは音楽一家に生まれ育ったというので、恵まれた環境がそういった資質を育んだのは間違いない。フォーク、ブルー・グラス、そしてカントリー&ウエスタンの色が強く感じられるが、ジャズ、ロックン・ロール、クラシック、ブルースその他、あらゆるポピュラー音楽を聴いて育ったのだろう。

    ジェイムス・テイラーといえば、70年代前半の素朴なシンガー・ソングライターのイメージから70年代中盤以降のジャズ・ミュージシャンを起用してのより洗練されたAORミュージシャンと若干の振れ幅はあるものの、基本スタイルはほぼ変わらない。キーによっては、開放弦を生かしやすいようにカポを使用し、コード・バッキングしながら歌の合間にハマー・オン/プル・オフを織り交ぜたオブリガートを入れる。

    75年代半ば頃からは、共演ミュージシャンらからの影響もあるだろうが、テンション・コードを多用するようになるが、これも開放弦を生かした中で自然と出てきたものだろう。彼が良く使うキーはG(Em)かD(Bm)だが、たとえばGの場合、Gmaj7 11、Bm11 13、C9 #11、Em7 9といったコードは開放弦を織り交ぜることにより、いとも簡単に弾く事ができる(むしろシンプルなコードより押さえやすい)。自分もこれらをよく使っているのだが、ジェイムズ・テイラーをコピーしたからというわけではなく、たまたま使っていた(知らずにジェイムズ・テイラーの影響を受けていたのかも知れないが・・・)。なので、本人もコード名などは意識せずに、響きが気持ちいいのでそうしている可能性もある。


    リヴ・テイラーはボストンのバークリーでもずっと教えていたようだが、彼の講義なら是非受けてみたいものだ。


    妹と一緒に歌うリヴ


    テンション・コードも開放弦をまぜればいとも簡単に


    ジェイムス現時点での最新作から

    JUGEMテーマ:MUSIC



    2017.02.24 Friday

    2017年3月のライブ

    0
      3月はTUKTUKのライブが2本あります

      2017年3月19日(日)
      11:00〜17:00(出演時刻未定)
      「ゴブリン・マーケット」
      会場:日本橋湯(元銭湯)
      大阪市浪速区日本橋4丁目1-9
      ※入場無料
      TUKTUKは30分程度の演奏を予定しています。



      2017年3月24日(金)
      19:00開場・19:30開演
      会場:大阪・長居 Rock A Go Go
      〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-6 イコンビルB1
      TEL: 06-6699-4723
      2500円(1ドリンク付)
      この日はワンマンライブなので、たっぷりやります。新曲にも乞うご期待!



      JUGEMテーマ:ライブ告知



      2017.01.26 Thursday

      後悔先に立たず

      0
        自分はやらないで後悔するより、やって後悔した方がマシだと考えている。しかし、あんなことしなければよかったと後悔したことも勿論ある。

        一番最近の例ではヘアトリートメントの使い方だ。
        少し前から髪の潤いが不足してパサパサになってきたので、あれこれ調べてちょっと高いトリートメントを使うようになった。さすがに高いだけあって、しっとりサラサラになる。しかし、何とか安く上げる方法はないものかと考えた。そう、最近は洗い流さないトリートメントなるものもあるではないか。だからシャンプー時ではなく、ドライヤー前にスタイリング剤感覚でつける事にした。そうすれば使う量も少なくて済むと考えた。

        しかしそれから数ヶ月経ち、髪が触れる部分の頰や額がかぶれるようになったのだ。洗い流して僅かに髪に残る程度のものが、たっぷりついたまま皮膚に触れ続けた結果だろう。もうそのトリートメントを使うことはできない。後悔先に立たずである。


        その次に思い出すのは、それから遡る事およそ15年、当時喉スプレーを愛用していた。長距離飛行の時や、レッスンで何時間も話し続けなければならない時にはなくてはならない存在だった。

        そんなある日、風邪をひいて喉の調子は絶不調だった。それで10分に一度位のペースで喉にシュッとスプレーしていたのだ。腫れた喉にすうっと気持ち良くてやめられない。そうするうちに声が出にくくなったので、さらにもう一回スプレーしたら、何と声がほとんど出なくなった。

        そう、用法を見ると1日数回迄と書いてあるにもかかわらず、数十〜百回位やっていたのだ。それから10年近く、すぐに声が枯れたり出にくくなるので、刺激物や喉に引っかかる飲食物は、控えるようになった。今でも完全には元に戻っていない。


        さらにもう一つ。
        20代前半はとにかく胃腸の具合が悪かった。常に腸内で異常発酵している感じで、腹が張って苦しいのだ。おならも異常に臭い。明らかに悪玉菌が多かったのだろう。なぜそんな事になったのか不思議だったが、ある時気がついた。

        自分は中学時代から、緊張するとしょっちゅう腹痛や下痢に見舞われていた。そんな時、友人から薦められた正露丸が最も頼りになる事がわかった。以来、ここ一番という時には必ず正露丸を飲んでいた。独特の強いにおいはあるが、少々の腹痛が起きてもこれを飲めば即おさまった。

        最初は用法用量を守っていたが、段々効かなくなってきたので、1.5から2倍位飲むようになった。おそらくそのせいで悪玉菌はおろか、善玉菌まで殺してしまっていたに違いない。

        勝手に用法用量を守らずに薬を飲むなど、愚の骨頂としか言いようがない。
        2016.12.28 Wednesday

        アルゼンチン食といえば

        0
          海外から帰国するとよく尋ねられるのが、現地では何を食べていたかということだ。

          やはり人間最大の関心事は食べることというわけだ。

          イタリアならピザやパスタ、ドイツならソーセージにじゃがいも、アメリカならハンバーガー、スペインならパエージャなど、典型的な食べ物がある国も多いが、アルゼンチンはあまり馴染みがないので、余計にみんなが興味を持つところだ。

          アルゼンチンを代表する料理はといえば、ずばりアサードである。アルゼンチンを旅したことのある人に聞けば、ほぼ同じように答えることだろう。それは、自宅の庭などにしつらえた専用の場所で調理する炭火焼肉のことである。広い場所で自然の草などを食べて育った牛だからだろう、引き締まった肉で香り、味ともに絶品なのだ。

          日本で一般的な韓国風の焼肉との決定的な違いは、

          1. 炭火と言っても燃えさかる炎で焼くのではなく、赤くなった炭で焼く
          2. 厚切りの肉を時間をかけてじっくり焼く
          3. たれ、ソースなどは一切使用せず、基本塩のみで味付け

          ロースやカルビはもちろん、チョリソやモルチージャと呼ばれる腸詰めソーセージ、そしてモジェーハ(甲状腺)、チンチュリン(腸)といったホルモン等も焼く。大抵は一家の主が日本の「鍋奉行」のように火を起こし、火加減を気にしつつ肉を焼く。そして焼けた肉を皆に取り分けてくれる。

          もちろん街中にもパリージャと呼ばれるグリル・レストランがあるが、家庭で週末に開催されるアサード・パーティの方がずっと楽しい。午後2時くらいから家族、親戚、友人、知人が集まって、これまた絶品のアルゼンチン・ワインを飲みながら、ゆっくり頂くのだ。

          ルシアーノが言うには、アサード・パーティを催す時は、一人あたり1キロの肉を用意するそうだ。

          そう聞けば、アルゼンチン人はさぞかし太っている人が多いのではないかと思われるだろうが、それが意外に少ない。おそらく、パンや米などの炭水化物をそれ程食べないからではないかと思われる。

          日本で主食といえば、ご飯かパン、あとは麺類などの炭水化物を指すが、彼の地では炭水化物が主食など決してありえない。あくまでも肉料理、魚料理、野菜類がメインであって、炭水化物は付け合せかおまけみたいなものなのだ。

          アルゼンチン人に大阪のうどん定食を見せたら、さぞかし驚くことだろう。


          庭の一角にしつらえたアサードの為の場所


          火をおこして準備






          赤くなった炭から数十センチ離して調理


          鍋奉行ならぬアサード奉行は大忙し

          2016.12.01 Thursday

          医学の進歩

          0
            今年の1月、人生初の入院・手術を経験した。

            これまで病気はもちろん、怪我や骨折で入院したこともなかったので、大ごとである。しかし、それにしても驚いたのは現代医療の発達ぶりである。

            自分の場合、肺がん(左肺上部に約3センチの腫瘍: T-1b)が見つかり、手術を受ける事になった。腹腔鏡手術だったので、わき腹や背中に3箇所、各数センチ程度の切り口からカメラやマジックハンドを挿入し、左肺上部を摘出するというものだった。

            午前中に手術、午後から一晩は集中治療室でベッドにいたが、翌朝には早くも病室に戻り、昼からは普通食になった。そしてとにかく歩けとの事だったので、朝昼2回は病院内を歩き回るようにした。最初の数日は点滴やらドレーンやらの管が体から出ていたので、動きにくく、また苦痛でもあったのだが、それらが外れるごとに楽になっていった。

            もっとも苦しかった事といえば、術後、麻酔から覚めた瞬間、呼吸をしても息が吸えない感覚だった事だろう。オペ室のスタッフは指先にはめた酸素計測器では、充分に酸素が行き渡っているから安心しろと言ったが、あれは嘘だったと思う。行き渡っていたかもしれないが、おそらくせいぜい一割程度ではないかと思う。

            最も痛かった事といえば、尿管を抜かれた時のことだ。普段は若いナースが世話してくれているが、この時ばかりはちょっとベテランのナースが「えいやっ!」と引き抜いてくれた(最も恥ずかしかった事であるかも知れない…)。

            あらたな発見といえば、コーヒーには鎮痛作用があるという事だ。ある夜、それまで日ごとに痛みも和らいでいたのに、何故か疼いて眠れず、ナースを呼んで痛み止めを追加してもらわなければならないことがあった。考えてみるとその前日、前々日と毎食後には病室に持ち込んだドリップコーヒーを飲んでいたのだが、その日だけは自粛して緑茶にしていたのだ。その翌朝からはまたコーヒーを飲むようにしたら、そこまで痛むことはなくなった。

            結局、入院期間はわずか2週間足らず、さらに退院1ヶ月後には何をしても良いとされたので、早速プールに泳ぎに行ってみたが、何も問題はなかった。

            しかし、退院後最初の診察にて、向こう2年間は抗ガン剤を服用するよう強く勧められた。

            この時はさすがに不安になって、医師にこう聞いてみた。

            「すみません、それを飲むとハゲますか?」

            以降、10ヶ月服用し続けているが、幸いにも我がバンドメイト達のようなヘアスタイルにはならないで済んでいる。

            Calendar
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << March 2017 >>
            ギター・レッスン生徒募集

            大阪市西区にてギター・レッスンしています。
            ●レギュラー・チューニング
            ●ギター・クラフト・チューニング

            入会金5000円
            ■45分x月3回コース:月謝8000円
            ■45分単発レッスン:3000円

            出張レッスンも承ります
            (出張費別途要)

            お申込・お問合わせ:
            lesson@shinkuromatsuura.com

            ギター名演

            ブログランキング・にほんブログ村へ
            にほんブログ村

            松浦眞九郎参加作品
            All Time Favorites
            Twitter
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Recommend
            Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053
            Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053 (JUGEMレビュー »)

            コーティング弦を使い始めたらもう戻れなくなった。通常の弦なら、弾かなくてもしばらくすると死んでしまうが、これなら安心。
            Recommend
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM