2018.08.25 Saturday

2018年9月のライブ

0
    今月は、米国シアトルで開催の「タイニイ・オーケストラル・モーメンツ」にカブサッキ、フェルナンド・サマレアらとともにZUMも参加。下旬にはガジェット改めドゥーダッドが京都太秦でやります。

    9月1日(土)
    【タイニー・オーケストラル・モーメンツIII ライブ・ショウ】
    開演: 19時
    会場: Ballard Homestead
    (6541 Jones Ave NW, Seattle, WA 98117)
    出演: スティーブ・ボール、フェルナンド・カブサッキ、アレックス・アンソニー・ファイデ、フェルナンド・サマレア、ジュリー・スリック、松浦眞九郎、ルシアーノ・ピエトラフェサ、秦野文均、ポール・リチャーズ、ナイジェル・ゲイヴィン、マーティン・デ・アギーレ 他
    TOM III
    https://goo.gl/maps/X2RZGpjHYM92


    9月7日(土)
    【ZUM】
    ワシントン州シアトル
    詳細は後日


    9月22日(日)
    【ドゥーダッド】
    開場: 16:30・開演17:00
    会場: シアターURU( 〒616-8182 京都市右京区太秦北路町26−2)
    料金: 2500円
    出演: 花村ようかん(10ホールズハーモニカ)松浦眞九郎(ギター)木内健弘(ベース)
    特別ゲスト: チーチョ西野(パーカッション)
    http://theatre-uru.com/

    2018.07.24 Tuesday

    2018年8月のライブ

    0
      8月はガジェット改めドゥーダッドが京都で、そして眞九郎が大阪長居であります。

      8月11日(土・祝)18時開場・19時開演
      【ドゥーダッド】
      花村容寛(ハーモニカ)、松浦眞九郎(ギター)、木内健弘(コントラバス)
      会場:京都・西院 ネガポジ
      (〒615-0002 京都府京都市右京区西院 東今田町40)
      前売:1800円・当日2000円
      http://www.negaposi.net


      8月17日(金)19時開場・19時半開演
      【眞九郎 (SHINKURO) 】
      松浦眞九郎(g)、秦野文均(g)、橋本達哉(d)、井手伸志(b)
      会場:Rock A Go Go
      (〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-6 イコンビルB1)
      料金:2500円(1ドリンク付)


      眞九郎
      2018.07.10 Tuesday

      天賦の才

      0
        ある研究によると、音感やリズム感など音楽の才能は遺伝の影響が大きいのだという。

        自分の考えとは正反対なので、これは非常に興味深い話である。

        自分が音楽を始めた10代前半、「欧米人、とりわけ黒人は生まれつきリズム感が良い。」と信じ切っていた。しかし歳をとるにつれ、それは違うと思うようになった。そうではない人たちに大勢出会ったからだ。

        自分の考えでは、音楽の才能の60パーセントは環境が育み、30パーセントは本人がどれだけそれにのめり込むか、そして遺伝によるものなど、せいぜい10パーセントだと思っている。

        偉大な音楽家の子息だったとしても、生まれてすぐに音楽とは無縁の環境に育ったら、凄い音楽家になれるとはどうしても思えない。

        自分は小学校時代、ソフトボールの地元チームに参加した。人並みに練習したつもりだったが、ちっともダメだった。更に、中学高校は水泳部に所属していた。毎日結構練習したつもりだか、大会で全く成果を残すことはできなかった。

        その原因は、
        1. 専門のコーチがいなかった。
        2. 年中練習できる場所(冬でも泳げる温水プール)がなかった。

        などもあるが最大の原因は、それ程夢中でなかったのだと、ずいぶん後になって気がついた。

        例えば音楽なら、持っているカセットやレコード、そしてラジオで聴きまくり、それでも飽き足らず、人に借りまくり、さらにテレビで音楽番組が放映されようものなら、それこそテレビにかじりついて夢中で見たものだった。ギタリストがどう弾いているのか、バンドがどう演奏しているのか、それこそ一挙手一投足に注目していた。

        それに比べて水泳の場合、テレビ中継があってもなんとなく見ていた程度だった。そんな見方をしていては、微妙な違いがわかるわけがない。

        つまり、音楽家の子どもが音楽家になるというのは、生まれながらにして音楽に囲まれていて、かつそれに夢中になったからだと思う。さらに言えば、親のコネもあるので有利だ。

        もし、遺伝が影響しているとすれば、「音楽にのめり込む才能」だと思う。

        そう信じるのは、音楽家の家庭に生まれなかったが、やればできると自分に言い聞かせているだけなのかも知れない。
        2018.06.22 Friday

        2018年7月のライブ

        0
          7月はギター・クラフト・チューニング・アンサンブルのライブ、そしてガジェット改めドゥーダッドのライブがあります。

          ナニワ・ギター・エクスプレス7月1日(日)14時半開場・15時開演
          会場: カフェ・キリン(〒556-0002 大阪市浪速区恵美須東2-3-17 通天閣南向かい)
          入場無料(投げ銭制。ドリンク・オーダー別途要)
          出演: 松浦眞九郎、秦野文均、亀井碧、三浦太士、竹中秀典、杉岡広嗣)



          ドゥーダッド
          7月22日(日)18時開演
          会場: なにわ亭「つくる」 大阪市東成区東小橋1-1-17 西本ビル
          TEL: 06-6971-2989
          料金: 4500円(90分飲み放題, 鶏料理コース込)
          予約制

          2018.05.21 Monday

          買い物下手

          0
            自分は昔から、いつも買い物で失敗してきた。

            1.中学時代、小遣いと年玉を貯めてギターを買いに行ったが、何故か当初買おうと思っていたG社ではなく、Y社のギターを買ってしまった。この時は店員の強い薦めに負けてしまった。

            2.それから1年半後、今度はギターアンプを買いに行った。この時は雑誌広告や店頭で見てそのルックス、スペックで決めた。当時はろくなアンプを持っていなかったので、わからなくて当然だが、自分の好みの音とは全く違うと気づいたのは、高校に入ってリハスタに行くようになってからのことだ。

            3.さらに大学時代、それまで使っていたオーディオ(母のステレオ、それも今は懐かしいセパレートステレオを自分のもののようにして聴いていた。)をグレードアップすべく、手初めにスピーカーを買うことにした。この時もD社にしようと決めていたにもかかわらず、オーディオ店であれこれ見ているうちに、何故か候補にも上がっていなかったK社製を買った。家に届いていざ聴くと、どうも違和感がある。エージングをしたら良くなると友人から聞いたので、しばらく様子を見たが、きっと自分の耳が慣れただけだったのだろうと思う。

            4.いよいよCDが普及してきた頃、CDプレーヤーに加えてアンプも買ってセパレートステレオともおさらばしようと決めた。アンプの候補は二つあったが、事前に試聴してO社に決めて店に向かったはずが、何故かS社を買ってしまった。音、機能面でO社だと決めたのに、同じ価格で機能豊富なO社は何か問題があるのではと不安になったのだ。そんな事はなかったのにである。

            5.ハイパー円高時代、ロスアンジェルスに知人を訪ねて行く機会があったので、日本で買うより、はるかに安く買えるということで、前から欲しかったL社のアコースティック・ギターを手に入れようと思った。その知人によると間違いなく手に入るとのことだったのが、大型店の他何軒回っても狙っていたギターを見つけられなかった。せっかく米ドルに両替して来たからと、候補にも上がっていなかったT社のギターを買って帰った。何なら帰国したら売り払って、あらためて買い直したら利ザヤで損はしないだろうと思ったからだ。(しかし帰国数ヶ月にまさかのネックを折る事態が発生し、修理したものの、売っても二束三文だということで、今でも手元にある。)

            さて、失敗の原因は、
            1.店員に押し切られた→自分に知識と経験が不足していた。
            2.見た目、カタログのスペックで判断した→これも自分の経験不足
            3、4.店頭で音を聞いたにもかかわらず、何故か自分の耳が信じられなかった→ただの気まぐれというか、沢山の商品を見るうちに心変わりしてしまったというのは、買い物慣れしていなかったせいだろう。
            5.変な欲を出したのが間違いだった。

            結局いずれも経験不足だったという事だ。5.から20年が経ち、最近は失敗も少なくなったとはいえ、まだまだダメだ。人生最後まで修行と経験を重ねることが必要という事か。
            Calendar
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << September 2018 >>
            ギター・レッスン生徒募集

            大阪市西区にてギター・レッスンしています。
            ●レギュラー・チューニング
            ●ギター・クラフト・チューニング

            入会金5000円
            ■45分x月3回コース:月謝8000円
            ■45分単発レッスン:3000円

            出張レッスンも承ります
            (出張費別途要)

            お申込・お問合わせ:
            lesson@shinkuromatsuura.com

            ギター名演

            ブログランキング・にほんブログ村へ
            にほんブログ村

            松浦眞九郎参加作品
            All Time Favorites
            Twitter
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Recommend
            Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053
            Elixir エリクサー アコースティックギター弦 #16052 NANOWEB PhosphorBronze Light .012-.053 (JUGEMレビュー »)

            コーティング弦を使い始めたらもう戻れなくなった。通常の弦なら、弾かなくてもしばらくすると死んでしまうが、これなら安心。
            Recommend
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM